僕、育休いただきたいっす!

著者:税所篤快
編集:小鮒由紀子
ブックデザイン:オーノリュウスケ
写真:幡野広志(帯/口絵ページ)
疋田千里(対談ページ)
税所篤快(扉)

発行日:2021/10/23
発行:こぶな書店
判型:四六判(188×128mm)
頁数:252頁
用紙:ミューマットEX、モンテシオン、マーメイド 白
製版・印刷:本文はスミ+特色1C(特グレー)、スミ1C、表紙は特色2C(特緑+特茶)+マットニス、帯、扉はプロセス4C
製本:あじろ綴じ並製本、雁垂表紙

こぶな書店様刊行、税所篤快さん著の「僕、育休いただきたいっす!」の印刷を弊社でお手伝いさせていただきました。

こちらは税所篤快さんがスタジオジブリ機関誌「熱風」2018年9月号~2020年1月号に連載された「僕、育休いただきたいっす!」が書籍化されたものです。表紙を飾っている赤いほっぺのかわいい寝顔の赤ちゃんは、税所さんの第一子である「たかちゃん」です。このたかちゃん誕生時、まだ珍しい男性の育休取得までの道のり、そしてその後1年間の育休ライフについて、税所さんならではの筆致でユーモアいっぱいに綴られています。

巻末には、スタジオジブリ プロデューサー鈴木敏夫さん・麻実子さん父娘×著者・裕香子夫人の座談会「みんなでやりたい! 楽しい子育てプロデュース」を収録(写真:疋田千里さん)。そして、評論家・日本近代史家の渡辺京二さんからも寄稿いただいています。帯と口絵の写真は幡野広志さんの撮影です。

幡野広志さん撮影のモノクロ写真は、赤ちゃんや家族の柔らかい雰囲気がでるよう、コントラストをあまりつけずスミとグレーのダブルトーン。帯の赤ちゃんの写真はほっぺの赤さなど特有のかわいらしさが伝わるクリアーで透明感を出すように製版、印刷を行いました。

日本ではなかなか取得が進まない男性の育休ですが、夫婦一緒に子育てを楽しんでいる税所さんのような方がロールモデルになっていくのではないでしょうか。子育てを楽しみたい!と思っている親御さんたちへのヒントが満載ですので、ぜひご覧ください。