写真家加藤俊樹氏の最新写真集「失語症」が発売されました。脳出血により発症した失語症を克服するまでのリハビリ生活。この間に撮影された病室や近所の風景を捉えたスナップ写真が44ページにわたり収められています。

「脳出血で倒れ、搬送された。病院で「失語症」と判断、入院。自分の名前も言えず、平仮名も読めなくなった。そのあとは、リハビリ生活、そして、光をとらえる事だけだった。」

「心は言葉か?」
「心は絵か?」
「心は脳CTか?」
「心は写真か? 」  

〜本文より引用

病室に差し込む一筋の陽射し、淡い木漏れ日、夕暮れ時の河川敷の暖かい光、薄暗い待合室の中の仄かな明り、浮かび上がるソファの肘掛模様…著者自身の脳のCTスキャン画像から始まる暖かみの中にもどこか不穏な緊張感を感じさせる写真集からは、言葉を失いながらも「光」を捉え続けようとする強い意思が痛切に伝わってきます。

印刷にあたり著者、デザイナーと最終の仕上がりイメージを可能な限り共有させて頂きながら、写真一点一点毎に印刷適正を考慮したRGB画像→CMYK画像への変換、コントラストや階調表現の微妙な調整作業を行ないました。同時に、撮影時に闘病・リハビリテーションの只中にいた著者にしか捉えられない写真表現に常に忠実にであることを心がけております。

写真集「失語症」のご購入については著者ホームページにて取り扱いギャラリー等、詳細をご確認頂けます。

作品展示情報

ギャラリー「Roonee 247 Fine Arts」にて、写真集に収められている作品9点の展示をレコメンドウォールでご覧頂けます。会場では写真集も購入可能。

期間:2019年3月31日まで開催中
場所:ギャラリー「Roonee 247 Fine Arts」
http://www.roonee.jp/

営業時間

12:00 – 19:00
会期最終日 16:00閉館 月曜日休館

住所

〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町17-9 さとうビルB館4F
TEL & FAX 03-6661-2276
JR総武線 馬喰町駅下車 徒歩3分
都営地下鉄新宿線 馬喰横山駅下車 徒歩3分
都営地下鉄浅草線 東日本橋駅下車 徒歩8分
東京メトロ日比谷線 小伝馬町駅下車 徒歩4分