ロニ・ホーン:水の中にあなたを見るとき、あなたの中に水を感じる?

編者:公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館

編集:鈴木幸太(ポーラ美術館)、東海林洋(ポーラ美術館)、湯原公浩(平凡社)
デザイン:川村格夫
和文英訳:クリストファー・スティヴンズ
英文和訳:石井麻希、林卓行、良知暁
会場撮影:来田猛、永禮賢
校正:栗原功、アドバンティジ・リンクス

発行日:2021/11/26
発行:平凡社
判型:A4縦変型判(295×205mm)
頁数:220頁
用紙:b7トラネクスト、サンルーマー ナチュラル、OKブリザード、グラフィーCoC ホワイト、クラシックレストST-FS 白
製版・印刷:本文はプロセス4C、スミ、表紙は特1C(特銀)、カバーはプロセス4C+マットニス
製本:無線綴じPUR製本(オープンバック)

ポーラ美術館様編、平凡社様刊行のロニ・ホーン展図録「ロニ・ホーン:水の中にあなたを見るとき、あなたの中に水を感じる?」の印刷をお手伝いさせていただきました。

国内の美術館におけるアメリカの現代美術家、ロニ・ホーンの初の大規模な個展となり、また、ポーラ美術館の開館以来、大型企画展としては初めて、同時代の作家を単独で紹介する機会となります。この展覧会の開催に合わせて、企画、制作された図録は、大変ご好評いただき既に完売となっています。

会場では、1980年代から今日に至る、約40年間のホーンの活動を紹介。近年の代表作である水鏡を思わせるガラス彫刻を筆頭に、テムズ河の水面を切り取った写真のシリーズや、6週間にわたりアイスランドの温泉で女性の表情の微妙な変化を記録したポートレート、島の地図をモチーフにしたドローイングなど、作品の多くは自然と密接に結びつき、ユーモアを含みながら、「連続と差異」という彼女の一貫した問題意識に迫るものとなっています。

美術館屋外の森の遊歩道にも展示空間を展開し、近年の代表作であるガラス彫刻作品《鳥葬(箱根、日本)》を展示。なお、同作はポーラ美術館のコレクションに加わり、森の遊歩道の常設作品となります。

この図録の制作にあたり、ポーラ美術館と平凡社のご担当者は、ニューヨーク在住のロニ・ホーンご本人と何度もZOOMで綿密な打ち合わせを行い、展覧会がスタートしてからの展示風景を撮影した写真が収録されています。

色校正はニューヨークのロニ・ホーン氏ご本人に2回送付しご確認いただきました。またロニ・ホーン氏自身が、紙には大変強いこだわりをお持ちでしたので、本文だけでも3種類の用紙を使用しています。

本展覧会はポーラ美術館にて2022年3月30日(水)まで、好評開催中です。ぜひ箱根のポーラ美術館まで足をお運びいただき、ロニ・ホーンのコンセプチュアルな展示の数々をご堪能ください。

ロニ・ホーン:水の中にあなたを見るとき、あなたの中に水を感じる? | 展覧会 | ポーラ美術館

ロニ・ホーン(Roni Horn) 1955年生まれ、ニューヨーク在住。写真、彫刻、ドローイング、本など多様なメディアでコンセプチュアルな作品を制作。1975年から今日まで継続して、人里離れた辺境の風景を求めてアイスランド中をくまなく旅してきた。この中で経験した「孤独」は、彼女の人生と作品に大きな影響を与えている。 …